実は弟だったことが判明したいとこの話

2015/02/16

私の弟は、生まれてすぐに養子にいきました。

物心つく前のことだったので当然私も覚えておらず、これまではいとこ同士として接してきました。前々から妹よりもいとこの方が私に似ていると周囲は言っていましたし、私もそう思っていました。

外見は言うに及ばず、性格や考え方も不思議に思うくらい似ていました。

いとこは正直な性格と言うより、どちらかと言えば小ずるく世の中はうまく立ち回ったほうが得だと考えており、かくいう過去の私もそうでした。そしてまたうまく立ち回るだけの能力もありました。

いとこは頭の回転がはやく記憶力に優れており、よく舌が回るのです。ですから嘘も大得意でした。

けれど同じようなことを昔していた私だけはそれを見破り、そんなことをしていてはいつか自分が痛い目を見る日が来ると、口を酸っぱくして言っていたのも覚えていますが、残念ながら彼の行動は今も改善されていませんが。

そしてなぜ、いとこと私が姉弟だと判明したのかそれはとある人の発言が原因でした。

田舎に親族全員が集まっているときに訪れたその人は、私の妹のことを「長女」と発言したのです。私と間違えたとも取れましたが、私の心にはずっとそれが引っ掛かっており、その後に戸籍を見たことで判明したのです。

ですが妹は今でも私にとって妹であり、いとこの位置づけもそんなに変わっておりません。一人だけ家族が増えたと、こっそり笑い暖かい気持ちになっています。

子供の発表会でのビデオ撮影の失敗について

2015/02/06

私が最近失敗したことは、子どもの発表会でのビデオ撮影です。

いつもビデオ撮影は主人が行うのですが、ちょうどその発表会の時仕事が入ってしまい出席できなくなりました。それが分かったとき、私では失敗するような気がしたのですが、発表会の時には何とか頑張って撮影しようと思いました。

発表会の当日、ドキドキしながら席に着きました。そして子ども達の発表会が始まり、私の子どもの番になりました。そこで私の緊張はピークになりましたが、撮影ボタンを押しました。前半の発表は子どもの動きも少なく順調に撮影でき、ほっとしていました。

しかし後半になると子どもの動きが激しくなり、追いかけて撮影するようになりました。その時は自分の子ども中心に撮影しているつもりでしたが、慌てたりしていてうまく撮影が出来ず後悔していました。

家に帰って、主人と一緒に子どもの発表会のビデオを見ました。前半は何とか綺麗に撮影できましたが、後半は失敗していて無残な結果に終わりました。

失敗の原因は、子どもを追いかけようと必死になっていたのがいけなかったみたいで、ビデオカメラを急に移動させたりして、フレームに全然うちの子どもが映っていませんでした。

この失敗は私にはかなりのショックでしたが、主人も慰めてくれ少し心が救われましたので、次は失敗しないように気をつけたいです。

とにかくフランスで気の向くままの豪遊旅行をしてみたい!

2014/12/28

私は常々から、大好きな国でもあるフランスで贅沢三昧したいという願望があり、具体的には5つ星ホテルに泊まり3つ星レストランで食事し、高級ブランド店で買い物三昧したいです。

フランス語ができないので、イケメンの通訳(日本人でもフランス人でもどちらでも可)にアテンドしてもらいます。パリまでの移動はエールフランスのファーストクラス、空港からは専用リムジンで移動します。

プラザ・アテネなどの5つ星ホテルのスイートルームに泊まり、食事はルームサービスか3つ星レストラン巡りをします。【参考:ホテル プラザ アテネ パリ – トリップアドバイザー

レストランではメニューを見ずに金額おかまいなしで一番上等のワインと一番の自慢料理をオーダーします。ちょっとでも美味しくないなと感じたらすぐ席を立ち、次の店へと向かい、色々な有名レストランを食べ比べます。

買い物はカルティエ等の高級宝飾店で、時計やジュエリーを購入します。できれば閉店後に貸し切りでゆっくり買い物したいです。金額は気にせずとにかく自分の気に入ったものだけを買いたいです。

買い物に飽きたらパリを離れ、南フランスの田舎村を訪れます。リムジンの移動で窓からの景色を楽しみ、気に入った村があれば気の向くままに車を停めて散策します。

プロヴァンスやボルドー辺りの小さな村に滞在し、美味しい地元料理とワインを堪能したいです。色々なワイナリーを訪れてワインの飲み比べをしたいです。

田舎町を満喫した後は、美食の町リヨンに行って居酒屋めぐりをします。美味しくて有名な居酒屋が沢山あるので、時間とお腹の許す限り色々な店の食べ比べをします。

そしてリヨンからはTGVでパリに戻り、日本への帰途につきます。

マリオに没頭して楽しかったファミコンの思い出

2014/12/26

私が初めてファミコンでプレイしたのは、幼稚園の時でした。

友人の家でスーパーマリオブラザーズをやりました。未だに記憶に残っているのですが、1-1の最初のクリボーはジャンプしてやり過ごしたものの、その次の土管の間にクリボーが2匹出てくるところでやられたと記憶しています。

今31歳の私ですが小学生時代は小3までファミコン、小4からはスーパーファミコンをプレイしていました。

先ほどの初見でマリオをプレイした後は、親戚のおばさんからもらったファミコンソフトをプレイしていました。なぜか20本ぐらいもらって、バベルの塔やたけしの挑戦状、熱血クニオくんなどをプレイしました。

意外にもRPGのソフトはなく、アクション系のソフトばかりでした。そのようなこともあってか、小学生の頃はクラスでも話題持ち切りだったドラクエやFFをやったことがありません。

その後、小学生になってからはマリオに没頭しました。特にマリオ3にはまり平日はプレイが禁止されていたので、土曜日帰ってきてからすぐにプレイに没頭していました。(おすすめページ:【最高傑作】スーパーマリオブラザーズ3が名作な理由【ファミコン】

最近マリオ3をプレイする機会があり久々にプレイしたのですが、少し操作して慣れれば楽勝に全クリできるのに、子どもの頃はいつも途中でゲームオーバーになっていました。

ファミコンなのでセーブ機能もなかったので、残機がとても大事です。なのでとてもシビアになって一生懸命プレイしたのを覚えています。

ファミコンは私にとって、最初に熱中したいい思い出です。

本当の女らしさは内面で努力している人のこと

2014/12/20

私が思う女らしさは、あげたらきりがありません。私自身とてもズボラで女らしさとは程遠い性格なので、私が思っても真似ができない女らしさをあげたいと思います。

まず姿勢がいいことです。綺麗な女性は大抵、背筋がぴんと伸びて姿勢がいいと思います。実際姿勢を正すことは常に気をつけていなければいけないので、相当気持ちのある人でなければ実践できないことです。

次に、言葉使いが綺麗なことです。これも簡単そうで、実は真似できることではありません。

そして整理整頓ができることです。私が最も苦手なことです。めんどくさくても疲れていても、部屋が綺麗な人は本当に尊敬指します。片付けをできる人は、気持ちに余裕がでるそうです。整理整頓できるは人は、部屋はもちろん身なりもカバンの中も綺麗な人が多いです。

私はこんな人たちを見ると女らしいなとつくづく感じ、いかに自分が女子力が低いかを痛感します。女らしくなるためにまずは片付けをしようと思うのですが、実際に真似しようと思ってもとても大変なんです。

だから、女らしい人はそれなりに努力しているんだと思います。

女らしさを身に付けるために身なりから入ってしまいがちですが、本当に女らしくなるには、内面なんだなと改めて感じています。

Categories
Bookmarks
Search